カードローンの契約者がいなくなってしまった場合は?

3月 3, 2014

現在では、無担保や無保証人でも借入のできるカードローンがありますよね。
非常に便利になってきたのは良いことだと思いますが、では、カードローンの契約者がいなくなってしまったらその請求はどうなるのでしょうか?
契約者がもしなくなってしまったら・・・その時は配偶者に請求が来るようです。
中には旦那さんや奥さんに内緒でカードローンを利用している方もいらっしゃるかと思いますが、借りたものを返すことは当然のことですので配偶者に請求がくるみたいです。
それは法的にも定められているようですよ。


家族にカードローン利用を知られたくない時は?

カードローンを利用する時に、出来れば誰にも知られたくないという方もいらっしゃるかと思います。
そんな時はネットからのお申し込みの方が良いみたいですよ。
他人に知られることなく利用することが出来ますので、安心して利用することが出来て良いかと思います。
その後、本人宛に電話がかかってきたりしますが会社名を名乗らないようになっているみたいですので、安心して電話に出て大丈夫です。


どのように利用するの?

利用方法についてですが、ATMなどから借入や返済が出来るようになっているみたいですので誰にも知られずに済みます。
また、わざわざ窓口へ出向く必要もありませんので便利だと思いますよ。
窓口が遠い方はその度に出向くのが大変ですものね。
借入も限度額範囲内でしたら繰り返し借入を行なう事も自由だそうです。
とはいってもカードローンの利用のしすぎは控えるようにしましょう。

Comments are closed.